備忘録

科学技術論を専門とする大学教員・研究者である林真理の教育、研究、生活雑記。はてなダイアリーから移行してきました。

文字起こしトライ

来年度からの授業方式変更に備えて、昨年度の録音の文字起こしをgoogleで試みていますが、なかなか不思議な誤変換が生じます。以下の2つは、いずれも冒頭に無意味母音(「えー」とか?)が挿入されたために起こった誤変換と考えています。

「倫理」→「エリンギ」

宇井純さん」→「AV女優さん」

繰り返し「エリンギ」が出てくる箇所は、キノコについて語る授業のようです。後者については、授業を受けていた学生が頭の中で誤変換していないこと期待します。いずれもスライドに正しい文字列があるので、大丈夫だとは思いますが。

 

外出力の低下

 オンライン授業生活のせいで、間違いなく「外出する力」が低下している。自宅でも、研究室でも、いつも机とパソコンの前でじっとしているからだと思う。ちょっとした外出が身体にこたえる。

 昨日は研究室から出て、頼んでおいた雑誌のコピーを図書館でもらって研究室に戻ってきた(支払用の証紙を自動販売機で買って、その証紙を図書館に持っていってコピーと領収書をもらって、そのコピーと領収書を検収室に持っていって領収書に印鑑を押してもらって、領収書を書類とともに提出する)だけなのに、なんか疲れた。エレベータが珍しく混んでいたからかも知れないけれど。

 一昨日は、新宿と池袋の各地で用をこなした6時間程度で、途中休憩もしているのに、自宅に帰り着いたらダウン。年齢のせいかもしれないけれど。

 なお、ここで言う外出力には、毎日同じ服を着ない力や、髪が伸びたら散髪に行く力は含まれていない。これらの力は、もともと持ちあわせていない。

 

 

 

2回目のRNA注入

ファイザー社ワクチンの2回目を受けました。家に帰って晩ご飯を作って食べたら気分が悪くなってきたので、頭痛薬を飲んで寝ましたが、夜中には治ってたので、これは副反応というより単なる寝不足ではないかと思います。ということで、腕の痛み以外特に問題はありません。

頭痛で布団に入りながら混乱した頭で、今ごろ自分の身体の中で何が起こっているのだろうかと妄想がふくらみます。分解されにくいように修飾されたRNAを包んだ脂質膜が私の細胞膜と合体する? 細胞の中に入ってきたRNAが核まわりのリボソームへと到達する? そしてウイルスのタンパク質が作られて、今度はそれが細胞から出て行って抗原として作用して免疫反応を導く? そんな手品みたいなうまい話しがあるのかしらと、通りいっぺんの知識しかない私には、不思議なことばかりで、信じられない気分です。すごすぎます。

思い出す機会

 死者を思う日の多い8月が終わりました。第2次世界大戦に関する6日、9日、15日に加えて、航空機事故の12日があります。水害や台風被害から○年目というニュースも聞きました。お盆は言うまでもありません。Netflixでは、ついつい「日本のいちばん長い日」や「沈まぬ太陽」を観てしまいます。

 ところで、現在進行中の災害では、毎日少しずつ死者の数が積み重なっていきます。特定の日はありません。将来どのように思い出されるのかと考えさせられました。

 今日は防災の日。子どもは学校。私も来週から授業が始まります。

夏休み

現金を受け付けない無人自動レジを次々に導入した某スーパーマーケット。しかし、ドライアイスを求めたら、現金のみ、しかもおつりの出ない30円の自販機だった。時代に取り残された、このレトロなシステムがどうなるのか今後に注目しよう。とりあえず私は、今後マイバッグの中にマイ保冷剤を用意することに決めた。

近況です。採点と会議がすべて終わりました。3日後に迫ったワクチンに向けて体調を整えます。

授業最終日

 本日は前期最終日でした。といっても私は授業のない日です。でも、だからこそ、出勤していました。ちょっと変に聞こえますが、授業も会議も自宅から参加できるようになっており、授業と会議以外にもやることはいろいろあるので、授業も会議もない日時こそ「出勤」に最適の時間帯となっています。学内には、教室で実施される試験を受けにきていると思われる学生も多く、研究室で研究に勤しむ学生たちとあわせて、賑やかというほどではないけれど、大学には活気があふれていました。

 大学生たちの話し声の響くこのキャンパスで、普段の授業ではGoogle Meetの文字アイコン(下の名前から1または2文字で、組織の設定上変更不可能)として接している学生の誰かと、もしかすると私は今日すれ違ったかも知れません。でも、すれ違っていても、私はそのことに気づくことができません。

 逆に、マスクで顔の大半を覆った私を見ても、学生の方はそれが普段授業を受けている科目の先生だと気づくことはできないかも知れません。もしかすると、オンラインで声を聞き慣れた先生が「受肉」して実際にリアルな世界を歩いていることすら、あまり想像していないかも知れません。

 このようにオンライン授業が行われている世界と、リアルなキャンパスの世界は、同じ大学の活動でありながら、出会うことのない別世界として存在しているかのようです。

 ところで、大学の外はと言えば、一方で4年に一度の盛大なスポーツの祭典が開かれていながら、もう一方では緊急事態宣言で交流活動の自粛が求められているという、互いに矛盾した世界が存在しています。

 画面を通して体験するできごとは、別世界のもののようにも感じることができます。特に、無観客で行われる試合は、映画のセットの中で行われているようにも思えます。

 周りを見回してみれば、私と同世代で東京住人は、予約に何時間もかけて、できる限り早めの予防接種を確保しようと必死になっています。それが感染したら危険な「50代のリアル」です。身近なところでは、クラスターの発生の話も聞こえてきます。それが「10代のリアル」です。私も、ワクチンに期待しながらも、ただただ身を縮めてパンデミックが通り過ぎるのを待とうという気持ちです。

 そんな中で、スポーツの祭典が東京という狭い面積の中で同時並行的に起こっているのだということに気づかされると、そこに矛盾を感じないではいられません。私には、お祭りを楽しむのは、ちょっと不可能です。

 私たちは、チャンネルを変えてしまえば、まったく矛盾する現象がそれぞれに起こっていてもおかしいと思えないような、多重世界を生きているのかも知れません。そのようにすれば、一方ではお祭りを楽しみ、一方では感染症を恐れることができます。もしかすると、そのように割り切って考えることで、楽になるのかも知れません。そして、人類はそのようにして、いろいろなことをやりすごしてきたのだとも思います。

 しかし、現実世界は唯一無二のものであり、関係ないように見えてひとつながりのものであるはずです。あえて不都合なできごとにマスクして見えなくすることはできますが、ブラウザを閉じたからといって、その世界が消えるわけではありません。その結果はもう一つの世界に影響を与えないではいられないはずです。

 複数チャネル化に馴染んでしまった私たちの現実認識が、短期的には心地良くても長期的には不都合な行動を取らせているとき、どのようにして現実世界の唯一性やチャンネル間の対応関係を見えるようにしていくべきなのかが大きな問題であるのかも知れないと思いました。

ありがとう 東京オリンピック

今までありがとう。東京オリンピックのおかげで、いろんな良いことがあった。

まず、受動喫煙防止が、かなり進んだ。まだまだのところもあるけれど、東京で煙草の臭いを体験する機会は大きく減った。昔とは大違いだ。

それから、いろいろな問題点を教えてくれた。

エンブレムの盗用問題では、著名なデザイナーとその周りのデザインを利用する人たちのあいだに著作権に関する注意が大きく欠けていることが明らかになったね。

「世界一カネのかからない五輪」のはずだったのに、後から後から予算が膨らむなんて、説明責任と約束の大切さを教えてくれたね。

体操や空手など、選手育成におけるパワハラにも注目が集まって、スポーツ界の新しい人間関係やトレーニングを考え直す良い機会になったね。

元首相や老害ミソジニーが次々に露わにになって、昭和風の考え方の刷新や世代交代必要性を多くの人に訴えることになったね。

すべて東京オリンピックのおかげだ。

だからもう、これ以上頑張らなくて、いいと思うよ。

本当にありがとう。東京オリンピック